つたえる はつおん

みっつ(かいせつ)

みっvoice

three

「つ」は、した(tangue)のさきを つかいます。
いちど 歯(は)につけて、いきを だします。

「みっちゅ」とは、いいません。「つ」を「ちゅ」とはつおんすると、こどものイメージになります。