つたえる はつおん

リズム Rhythm

リズムは、ある音が繰り返されることで感じます。日本語は、「母音(あいうえお)」または「母音+子音(consonant)」がだいたい同じぐらいの長さになります。つまり、かな1字分がだいたい同じぐらいの長さになります。かな1字分の長さを「1」、かな2字分の長さを「2」と書きます。繰り返される音の長さが相対的に変わると、ことばの意味が変わることがあります。例えば、「ちず」(map; 地図)と「チーズ」(cheese)は、同じ2音節(syllable)ですが、「ちず」「あな」は「1・1」なのに対して、「チーズ」「あんな」は「2・1」です。

You can hear the rhythm of the language in how sounds are repeated. Japanese distinguishes both vowels (a, i, u, e, o) and consonants (b, d, h, m, s, w, z, etc.) in terms of their length. When the length of a vowel or consonant changes, the meaning of a word often changes as well. For instance, chizu (map) and chiizu (cheese) differ in vowel length, while ana (hole) and anna (that kind of) differ in consonant length. They are all two syllable words, but chizu and ana have two short syllables, while chiizu and anna each have one long and one short syllable.

れんしゅう

練習方法