つたえる はつおん

自分(じぶん)のリズムを確認(かくにん)しようー音声(おんせい)分析(ぶんせき)ソフトPraatを使(つか)った練習(れんしゅう)

概要がいよう

  • できること:自分(じぶん)発音(はつおん)した発音(はつおん)確認(かくにん)評価(ひょうか)できる
  • 学習がくしゅうスタイル:波形(なみがた)やスペクトログラムで発音(はつおん)()るわせて練習れんしゅうする
  • ツール:Praat
  • 準備じゅんびするもの:確認(かくにん)したい単語(たんご)(ぶん)

企画者:木下直子

手順てじゅん

Praatをダウンロードしてインストールする。

1. 「New」から「Record mono sound…」をえら

2. 「Sound Recorder」の「Record」をして発音はつおんし「Stop」をす(れい:「ぶた」「ぶった」)

*できるだけしずかなところで録音ろくおんしよう

3. 「Name」にファイルの名前なまえき「Save to list」を

4. 「Praat Objects」のリストから選択せんたくし「View & Edit」を

5. 音声(おんせい)波形(なみがた)()るので、ドラッグして(なが)さをはかる。

(れい):ぶった

 
長さ(ms)0.120.260.28

(なが)さは(ひと)によって、また(はな)(はや)さによって()わりますが、「っ」の前後(ぜんご)(おと)(なが)さ「ぶ」「た」の(なが)さを(くら)べて(おな)じであれば、「っ」と()こえる(なが)さだとわかります。ここでは「っ」と「た」がだいたい(おな)(なが)さですね。