つたえる はつおん

っている単語たんごはく練習れんしゅうをしよう
ーリズムのパターンをかんがえながら発音はつおんする練習れんしゅう

概要がいよう

  • できること:リズムのパターンを利用りようして拍感覚はくかんかくにつけられる
  • 学習がくしゅうスタイル:みみでリズムパターンをイメージしながら練習れんしゅうする
  • ツール:かみとペン
  • 準備じゅんびするもの:勉強べんきょうした、または勉強べんきょうしている単語たんご

企画者:木下直子

手順てじゅん

1. 単語たんごのリズムパターンをかんがえる

  • ta(短音節たんおんせつ):あ、か、きゃ・・
  • tan(長音節ちょうおんせつ):あっ、あー、あん、あい・・

*tan は、短音節たんおんせつ特殊拍とくしゅはく(special mora)または、二重母音にじゅうぼいん(dipththong)

  • ビル:ta ta
  • ビール:tan ta
  • きのう:ta tan

2. 勉強べんきょうしている単語たんごをパターンべつける

  • tata:ビル とり ちず
  • tanta:ビール とおり チーズ
  • tatan:きのう りょこう とけい

3. リズムパターンごとに発音はつおんする

1つしか単語たんごつからないときは、おな単語たんごを3かい以上いじょうくりかえす。
単語たんご単語たんごをくぎらないで発音はつおんし、リズムのパターンをイメージしよう。
発音はつおんできたら、単語たんごあと助詞じょし(+は・が・を・にetc)をつけて練習れんしゅうする。

*いろんなパターンの発音はつおん練習れんしゅうしてみよう