つたえる はつおん

身体からだうごきを使つかって練習れんしゅうしよう
有声音ゆうせいおん無声音むせいおん練習れんしゅう

概要がいよう

  • できること:「き」と「ぎ」、「た」と「だ」など、有声音ゆうせいおん無声音むせいおんこえかたがわかる。
  • 学習がくしゅうスタイル:身体からだうごかして練習れんしゅうする
  • ツール:とくになし
  • 準備じゅんびするもの:自分じぶんはなしたい単語たんご

企画者:川口義一・木下直子

手順てじゅん

手順てじゅん(1)身体からだ使つか方法ほうほう

有声音ゆうせいおん無声音むせいおんおと感覚かんかくをつかむ

  • 有声音ゆうせいおん身体からだをリラックスさせて発音はつおんする
  • 無声音むせいおん身体からだを緊張させて発音はつおんする
  1. 有声音ゆうせいおん〉まっすぐって、かたく。きながら「か」と発音はつおんする。
  2. 無声音むせいおんちからいてリラックスする。「が」と発音はつおんする。
  3. 1と2をかえして、「か」―「が」、「か」―「が」のように発音はつおんする。

発音はつおんしたおと感覚かんかくおぼえておくために、自分じぶんのことばで説明せつめいする。

  • れい:「か」と「が」の発音はつおんしたときの感覚かんかくちがいをかんがえる

単音たんおんから単語たんご単語たんごから文節ぶんせつ文節ぶんせつからぶんのようにすこしずつながくして練習れんしゅうする

  1. 単音たんおん:「か」「が」「き」「ぎ」
  2. 単語たんご:「んたん」「んたん」「ん」「ん」
  3. 文節ぶんせつ:「んたん」「んたん」「いがく」「いがく
  4. ぶん:「大学だいがく退学たいがくした」「銀行ぎんこうぎんきんがある」

手順てじゅん(2)有声音ゆうせいおんまえに「n」を入れて練習れんしゅうする方法ほうほう

  1. 「ぎん」の場合、「んき」→「んきん」→「んぎん」→「ぎん」のように発音はつおんする。
  2. 単音たんおんから単語たんご単語たんごから文節ぶんせつ文節ぶんせつからぶんのようにすこしずつながくして練習れんしゅうする