つたえる はつおん

「つ」の発音はつおんにつけよう

概要がいよう

  • できること:「つ」の発音はつおんにつけられる
  • 学習がくしゅうスタイル:身体からだうごかして練習れんしゅうする
  • ツール:とくになし
  • 準備じゅんびするもの:「つ」のおとがある単語たんご

企画者:川口義一・木下直子

手順てじゅん(A)

単音たんおん「つ」の発音はつおん練習れんしゅうする

  1. ひだりのひらを指先ゆびさきでつつく。
  2. 1の動作どうさをしながら、「/ts/」というおと発音はつおんする。
    注意ちゅうい:「/ts/+/u/」にならないようにする。

単語たんごの中で「つ」がある位置いちべつ練習れんしゅうする

まず、使つかい、つぎに、使つかわないで練習れんしゅうする。

  • 語頭ごとうに「つ」がある言葉ことば:「き」、「くえ」を練習れんしゅうする。
  • 語末ごまつに「つ」がある言葉ことば:「みっ」を練習れんしゅうする。
  • 語中ごちゅうに「つ」がある言葉ことば:「ふう」を練習れんしゅうする。 

手順てじゅん(B)

「す」と「つ」のくちかたちおなじなので、「す」の発音はつおん使つかって「つ」を練習れんしゅうする。

「す」を()いながら(くち)(かたち)()えないで、(した)()(うし)ろにつけて「す」を()う。「すーつ」「すーつ→すつ」「すつ→つ」「つ」のように練習れんしゅうする。

単語たんご練習れんしゅうする

  1. 「つうしん」と「ちゅうしん」を練習れんしゅうする。
  2. 意味(いみ)(かんが)えながら、「通信(つうしん)」と「中心(ちゅうしん)」を発音(はつおん)する。

「つ」と「ちゅ」のちがいをかんがえながら、まわりの発音はつおんいて練習れんしゅうしよう。