つたえる はつおん

あいづちを練習(れんしゅう)しよう

概要がいよう

  • できること:あいづちを丁寧(ていねい)()方法(ほうほう)がわかる
  • 学習がくしゅうスタイル:ルールを理解(りかい)してあいづちの種類(しゅるい)やタイミングをコントロールする
  • ツール:(とく)になし
  • 準備じゅんびするもの:(とく)になし

企画者:中川千惠子

あいづちの意味(いみ)

あいづちは、相手(あいて)()うことをちゃんと()いているというサイン。

(なに)()わないでいると、(はな)()不安(ふあん)になることがある。

あいづちの種類(しゅるい)

「はい」

丁寧(ていねい)()(かた)

注意(ちゅうい):2(かい)使(つか)うと「相手(あいて)()うことを()きたくない」という意味(いみ)になることがある。

「うん」

「はい」の意味(いみ)(とも)だちに使(つか)う。

「はあ?」

(うたが)っている気持(きも)ちをあらわす。

注意(ちゅうい)反抗的(はんこうてき)態度(たいど)()こえることがある。

うなずく(nodding)

(あたま)(たて)にふり、同意(どうい)了解(りょうかい)()いていることを(しめ)す。

「ええ」

「ええ↘」は、「はい」と(おな)じ。「ええ↗」は、(おどろ)いているときに使(つか)う。

「へえ」

「へえ→」は、感心(かんしん)しているときに使(つか)う。

「ほんとう」

「ほんとう↘」は、共感(きょうかん)(しめ)すときに使(つか)う。

そのほか、イントネーションによってあらわす気持(きも)ちが()わる。

「そうですか」

「そうですか↘」は、わかりました、という意味(いみ)をあらわす。

「そうですか↗」は、質問(しつもん)をあらわす。

「そうですか→」は、(かんが)(ちゅう)であることをあらわす。

「そうですか↘↗」は、(うたが)いの気持(きも)ちを(あらわ)す。

(くわ)しくは、イントネーションの「そうですか」を()てください。

「そうですね」

同意(どうい)(あらわ)す。

「なるほど」

納得(なっとく)したときに、使(つか)う。

あいづちのタイミング

  • (ぶん)()わり
  • 「それから」などの接続詞(せつぞくし)のあと
  • (はな)()(ぶん)()わらずに(なが)(とき)
  • 「~が」と()った(とき)

注意(ちゅうい)相手(あいて)(はなし)()わる(まえ)にあいづちを()つと、相手(あいて)(はなし)()わらせることになる。