つたえる はつおん

自分じぶんのアクセントを確認かくにんしよう
音声おんせい分析ぶんせきソフトPraatを使つかった練習れんしゅう

概要がいよう

  • できること:自分じぶん発音はつおんしたアクセントのたかさが確認かくにんできる
  • 学習がくしゅうスタイル:ピッチカーブ(たかさの曲線きょくせん)をながら練習れんしゅうする
  • ツール:Praat
  • 準備じゅんびするもの:アクセントを確認かくにんしたい単語たんご

企画者:木下直子

手順てじゅん

Praatをダウンロードしてインストールする。

1. 「New」から「Record mono sound…」をえら

2. 「Sound Recorder」の「Record」をして発音はつおんし「Stop」をす(れい:いっぱい)

*できるだけしずかなところで録音ろくおんしよう

3. 「Name」にファイルの名前なまえき「Save to list」を

4. 「Praat Objects」のリストから選択せんたくし「View & Edit」を

5. あおいラインでこえたかさを確認かくにんする

あおいラインが表示ひょうじされていない場合ばあいは「Pitch」メニューの「Show Pitch」にチェックをれる。

あおいラインの位置いちたかすぎたり、ひくすぎたりしてえにくい場合ばあいは、「Pitch」メニューの「Pitch setting」で調整ちょうせいする。

6. 日本語にほんご教科書きょうかしょなど、自分じぶん練習れんしゅうしたい発音はつおん自分じぶん発音はつおんのアクセントをくらべてみよう。

発音はつおんながときは、チェックしたい発音はつおんをドラッグ(drag)して「sel」をす。

ズームイン(zoom in)は「in」を、ズームアウト(zoom out)は「out」をす。全体ぜんたいたいときは「all」をす。

音声おんせい音楽おんがくなどが入っていると、それもpitchにてしまうので、アクセントを確認かくにんしにくい。なるべく音声おんせいだけのものがい。